通販で乱視用コンタクトを購入するメリットを徹底解説

現在では、乱視用のコンタクトレンズもネット通販で購入できるようになりました。ここでは、コンタクトを通販で購入する場合のメリットをいくつかご紹介します。まず初めに、多くの人が便利だと感じていることとして、眼科やコンタクト販売店へ行かなくても、自宅で待ち時間なしで購入できるということではないでしょうか。特に眼科は、診療時間や曜日が決まっていたり、待ち時間が長かったりと、仕事をしている人はなかなか行くことができません。しかし、通販であれば空いた時間にパソコンやスマートフォンなどですぐに購入することが可能です。また、通販の場合、都度眼科などに行く必要がないため、診察代や検査代がかかりません。さらに、通販サイトにもよりますが、同じ製品でもお店で購入するよりも少しお得に購入できる場合があります。

乱視用のコンタクトの通販での購入方法

とても便利な通販ですが、コンタクトを購入するためにはまず一度、眼科で検査をして、自分の眼の視力などを調べてもらわなければなりません。そこで処方箋をもらい、一度コンタクト販売店で購入します。購入したコンタクトレンズのパッケージには、今後通販での手続きに必要なデータが記載されています。乱視用のコンタクトを購入するために必要なデータは、BC(ベースカーブ)、DIA(直径)、PWR(度数)、CYL(乱視度数)、AX(軸度)の5つです。このデータを通販サイトで購入する際に入力することで、自分に合ったコンタクトを購入することができるのです。いったん眼科に行くことが面倒と感じてしまうかもしれませんが、一度このデータが分かれば次回からは処方箋不要のコンタクト通販サイトで購入することができるようになります。

乱視用コンタクトを通販で購入する際の注意点

乱視の人は、眼球の形が丸でないため縦のカーブと横のカーブが違い、上手くピントが合わずぼやけて見えてしまいます。人それぞれカーブが違うので、乱視を矯正するには自分に合ったカーブと度数の乱視用コンタクトを着用しなければなりません。合わないコンタクトを着用していると、さらに見えづらくなってしまう場合や、視力が低下してしまう場合があります。初めてコンタクトを購入する際は眼科で検査をし、処方箋がないと購入できないので問題はないですが、一度処方箋をもらい、自分の視力などのデータがわかれば、そのあとは処方箋不要の通販サイトで購入できてしまいます。いつでも気軽に購入できる通販ですが、なるべく定期的に眼科で検診を受け、見えづらくなった場合や、少しでも目の不調などを感じたら、きちんと検査をしてもらいましょう。